初心者が株で儲ける近道は投資理論を学ぶことです!


スポンサードリンク

NISA

2014年1月から導入された「少額投資非課税制度」のことです。

 

イギリスで導入されているIndividual Savings Accountという制度を参考につくられています。この制度の日本版なので、Nippon Individual Savings Account、頭文字をとってNISAと呼ばれています。

 

2013年まで株式投資の利益は、通常の20%から10%まで軽減されていました。今回、その軽減税率を終了する代わりとして、打ち出されたのがNISAです。

 

株式投資をした際に得た「利益−損益」、つまり純利益には通常20%(※)の税金が課されます。

 

しかし、NISAでは毎年100万円分を上限として、それに関わる配当金や売却益が非課税となります。
現状、非課税の期間は5年間とされています。

 

ただし注意点もあります。100万円の範囲内なら何度でも売買ができるという勘違いが多いので注意が必要です。

 

60万円分の株を買ったら、その銘柄を売ろうが持っていようが、残り40万円分しか非課税適用を受ける事ができません。

 

また、制度の適用を受けるには、専用の少額投資口座を開設する必要があります。

 

 

(※)雑所得20万円まではもともと非課税です。なので、FXとか副業とかで収入を得ておらず、株も20万円も利益が出ていない方にはメリットの少ない制度と言えます。


相互リンク
株主優待?何それ?美味しいの?
初心者が株で儲けるための基礎理論
自動車大辞典



スポンサードリンク

 
株式投資を始めよう! ファンダメンタル分析 テクニカル分析 アノマリー分析 経済指標分析